スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

イライラをニコニコに変える方法を知りたいですか?

諸行無常
すべてのものは移ろいゆく
everything must change


季節の移り変わりを最も強く感じるのが4月かもしれません。
別れがあり出会いがあります。
新たな環境に変わる季節でもあります。


たくさんの人が人生の新たなステージへ一歩を踏み出しました。


期待に胸を膨らませている人
不安で固まってしまいそうな人
一歩踏み出す勇気と共に
ひるむ気持ちも生まれています。


そして、新たな壁が立ちはだかる時でもあります。

「えー!なんで!?」

すでにこんなことばを吐きたくなった人、いませんか?

「思っていたことと全然違う!?
力を発揮してくれると期待して採用したけど・・・・?入社2日目にしてすでに・・・」

「社会って思っていたより厳しいな・・・」

いろいろなところから、こんなつぶやきが聞こえてきそうです。


私が理事長を勤めさせていただいている秩父こども園でも新たな動きがあります。
3月31日で年度が終わり、4月1日新たな年度が始まりました。
たった一日、いやほんの数時間で学園の環境が変化するのです。


子どもたちは進級し、職員は担当しているクラスが変わります。
一日前とは異なる人との新たな人間関係の始まり


こんなにも変わるのか?

新たな人が加わり、手探りで自分の居場所を探しています。

それは、不安になることでもあります

それは、楽しみになることでもあります

毎日毎日新たな課題が目の前に表れます


エー!こう来たか!
新たな難問が突然ふってきます。


でも私は、こう感じるのです。


楽しい!って。

新たな感動の物語の始まりだ!って。


えっ!?
課題や困難が楽しい?!

うそでしょ?!無理してない!?
普通いやでしょ?


はい!そうです!
いえ、そうでした!


私も昔はいやでした。面倒でした。逃げてました。


でも


3年ほど前から嫌なことでは、なくなったのです。
逆に今では、それが楽しくなっちゃったのです。


そんなに難しいことではありません。
とってもシンプルです。

どうしたら、いいのか?

どうして、そうなったのか?



イライラをニコニコにする方法って
知りたいですか?



この考え方を知ると


・どんな困難でもひるむことなく挑んで行く事ができるようになります
・不満や愚痴がなくなり、語ることばが変わります
・まわりの人に与える影響が変わります



実は私
昔すごくネガティブでした。

いつもイライラしていました。
どうにもうまく行かない日々が続きました。


ある事がきっかけで、変わり始めました。
自分で気づき、こんな風にしたら人間関係がうまくいくなあ?と思い始めていました。
5年ほど前のことです。


4年前
一通のメルマガで、私は、ある講座に参加しました。


私が、ぼんやりと考えていたことは、
実は、体系化され、メソッドになっていました。



そして、その方法を学ぶため
何度も講座に足を運びました。

いつの間にか
イライラがなくなり
毎日をハッピーにすることができるようになりました。

で、気づいたのです。
それって、ほとけ様の教えと同じだって。
ほとけ様の教えに照らし合わせて、自分なりに解釈し
まとめたコンテンツが、本になりました。
それが
「ほとけ様に教わった毎日をハッピーにする90の方法」です。


私は、まず一番近い人に伝えました。


秩父幼稚園の園長をしている私の妻です。
妻も学びました。


姿、形は、何も変わりません。


しかし


ある大手出版社の編集者さんから

「この一年でずいぶん変わりましたね−」と言われました。
そして、なんとその編集者さんと
出版に向けた話を進めています。



学園のスタッフからは

「園長先生。
園長先生になられましたね!
この一年で本当に変わりました。
絶対困ったら助けてくれださるという安心感が全然違います。

前もそうだったんですけど
伝わる感じがより、はっきりしたような気がします。」



実は、私たち夫婦、
以前はケンカばかりしていました。

お互いの意見の違いを認めることができず
反発しあうことが多くありました。


でも、今は違います。


ここ数年ほとんどケンカしていません。
特に昨年からは、ホントにしなくなりました。

異なる意見でも、
おー!そういう見方もあるんだ!おもしろい!
と思えるのです。


かつては
1+1=0
だった感じですが、今は

1*1=∞

です

目に見映る姿は変わりませんが、
私たち夫婦は共に
変わりました。


そして、今年夫婦共に出版を目指しています。
私は2冊目、妻はデビュー作です。
年内の出版を目指し、出版社と打合せをしています。


そうして、仕事の上でも大きな変化がありました。
より深いコアにたどり着くことができたのです。
自分の命の時間を何に使うのか、明確になったのです。

ビジョンが、ミッションが定まりました。


どんな人でも受け入れ最幸の人間関係にすることができる
どんな人でも活躍することができる関係を作り出す


このミッションの実現に向け、私はお寺と幼稚園、NPO、会社を活かし
みんながハッピーな社会の創出を夢見ています。


たくさんの方のご縁で、私は、このメソッドを身につけました。
これを自分だけの物にしておくのは、申しわけありません。


みんながハッピーな社会の創出が私のミッションです。


構想2年、ようやくプロジェクトを発表する準備が整いました。



2014年4月私は
みんながハッピーになるプロジェクト
をスタートさせます!


明日、詳しい内容をお伝えします。
| イライラをニコニコに変える方法を知りたいですか? | 気づき |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

なぜ、カメはウサギに勝ったのか?

JUGEMテーマ:夢実現の方法


ウサギのカメの話は有名です。子どもからお年寄りまで、ほとんどの人が知っているお話です。

足が速いウサギと足の遅いカメが、山の頂上を目指して競争します。カメの足が遅いのを知っているウサギは、木陰で休んでしまいます。その横をカメは、ノロノロしながらも追いつき、追い抜いてしまいます。そして、カメのゴール直前に目を覚ましたウサギは、必死に追いかけますが、カメが先にゴールしてしまうと言うお話です。

なぜ、カメが勝ったのでしょう?

ウサギが休んでしまったからです。

その通り!!


でも、見方を変えてみてみます。

カメは何を見ていたのでしょうか?
ウサギは何を見ていたのでしょうか?

ウサギが見ていたのは、カメなんです。カメを比べて足が速いから、スタートダッシュし、カメより早くゴール前まで来ていたから、休んでしまうのです。カメを見ていたので、休むことが出来たのです。自分より早い馬だったら休まなかったでしょう。

カメは何を見ていたのでしょう。
カメが見ていたのは、ゴールです。ウサギの様子など気にせず、ただひたすら、ゴールを見て、ゴールを目指していたのです。それ故、休むことなく勝利したのです。

目標が明確だったので、カメが先にゴールしたのです。

ここに目標を明確に持っている人と明確な目標のない人の違いが浮き彫りになります。


私たちも同じです。


目標のない毎日と明確な目標のある毎日では、同じ時間でも過ごし方が全く異なるのです。、
目標を持つ、しかも明確な目標を持つことが、豊かな人生を送るために必要です。


目標のある一日と目標のない一日

目標のない人生は、課題が困難になってしまいます。課題は、避けたいものであり、面倒なものでしかありません。

目標のある人生は、課題はチャンスになってしまいます。課題は挑みたくなるものであり、克服した後は、成長と感動が待っています。


先ず大切なのは、人生の目標を持つこと、見つけることです。
| なぜ、カメはウサギに勝ったのか? | 気づき |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

自分のことが最も分からないのが、自分

JUGEMテーマ:生きる


自分のことが最も分からないのが、自分です

自分の背中を自分で見ることができません。
でも、自分以外の人は、私の背中を見ることができます。


自分の顔を自分で直接見ることができません。
鏡に写った姿しか見ることができないのです。
でも、自分以外の人は、私の顔を見ることができます。


自分の声も自分で直接聞くことができません。
外で鳴っている音と骨を伝わって鳴っている音が合わさった音を聞いています。
録音した声を聞くと、違和感があります。
でも、自分以外の人は,自分の声を聞くことができます。


そう考えてみると
自分の目も耳も鼻も舌も体も心も
自分では、直接見ることができないことに気づきます。

自分以外の人は、見ることができるのです。


だから、自分のことが知りたければ
他の人から教えてもらうことが必要なのです。

人によって感じ方が違うから
伝わってくることが異なります
するとますます自分のことが分からなくなってくることもあります。


なので、たくさんの人に逢って、たくさんの自分を教えてもらえばいいのです。
その中から、だんだん自分がぼんやりと見えてきます。
そして、たくさんの人に逢ってきた、一流の人と逢うことです。

たくさんの人に逢って、たくさんの人に教えてきた師と出逢うことができれば
自分を掴むヒントに気づくことができるでしょう。

自分のことが知りたければ
多くの人と逢うことで、少しずつ自分が分かってきます。

そして、本来の自己と知りたい自分が一致した時
本当の自分になるのです。


本当の自分に出会えたら
さらに自己を掘り下げ続ければいいのです。

とどのつまり
人間を深めるためには
自己を掘り下げることと
多くの人、しかも一流の師と逢うことが
必須なのです。


| 自分のことが最も分からないのが、自分 | 気づき |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
<< | 2/21PAGES | >>